高良 真穂

講演内容

Track A SoftLayerが、CAMSSとゲーム配信に適する技術的理由

Track E SoftLayerクラウドデザインパターン解説

SoftLayerで、システム基盤の設計に役立つデザイン・パターンを解説します。具体的には、秒間PV数と転送量、画像数などの静的コンテンツ数、PHPなどのページ生成プログラムの条件などの非機能要件から、システム構成を設計する手順や考え方を解説します。

登場セッション

17:50-TrackA SoftLayerが、CAMSSとゲーム配信に適する技術的理由
15:30-TrackE SoftLayerクラウドデザインパターン解説

自己紹介

日本アイ・ビー・エム株式会社
クラウド事業統括
担当部長(ソフトレイヤー探検隊隊長)

SIプロジェクトで、基盤構築やアプリ開発の支援などを実施してきました。2014年からクラウド事業部に移動して、ソフトレイヤー探検隊、ソフトレイヤー活用ガイドなどのウェブ記事を作成する傍ら、ゲーム業界のお客様へソフトレイヤーを活用いただく活動をしています。