安全に飲める商品を選びましょう

青汁と粉末

青汁は昔から飲まれている健康食品で、大麦若葉やケールといった青葉が主な原材料です。このような青葉は通常の食事では摂取が難しいのですが、青汁として飲むことで無駄なく栄養素を吸収することが出来ます。
また、青汁にはビタミンやミネラルが豊富に含まれていて、1日に青汁300mlを飲めば、生野菜を数100グラム摂取したのと同じ分の栄養を摂取できると言われているので、普段から野菜不足の人には最適です。また、青汁と聞くと苦くて飲みづらいと想像している人もいるでしょう。
しかし、最近では青汁の需要が高まったことで、フルーティーな飲み心地の商品が多くなっていて、大人はもちろん、子どもでも飲めるように改良が加えられています。

健康志向の人が多くなっていることで、昔ながらの健康飲料である青汁の注目度も上がっています。
青汁といえば以前は苦くて飲みづらいものでしたが、今では老若男女幅広い世代が飲めるような商品が多くなってきています。しかし、青汁というのは実に豊富な種類の商品があるため、購入の際は慎重に各商品の違いについて確認する必要があります。
まず、青汁を選ぶ上で一番大切なことは原材料の質です。青汁には数多くの野菜が使用されているのですが、これらがすべて農薬や化学肥料が使われているとなると安心して飲めないはずです。
そのため、有機無農薬の指定を受けている商品を選ぶようにすると安全に青汁が飲めるでしょう。また、商品のタイプにも着目しましょう。青汁は毎日飲むことで高い健康効果が得られます。
そのため、粉末状や冷凍されている青汁を購入すれば、時間や場所に関係なく飲むことが出来るでしょう。

青汁を選ぶ際、濃度も重要なチェックポイントです。より配合されている野菜の栄養を吸収するためには、濃度が濃い方が良いのですが、中にはあまり栄養が含まれていない商品もあります。
そのため、商品購入の時に試飲を行なって、分離するかどうかを確認しましょう。濃度が濃い青汁は、1割程しか水にならないのですぐに判断できます。
そして、最後に飲みやすさを調べていきます。最近の青汁は非常に飲みやすくなっているのですが、場合によっては甘味料が多く配合されていることもあるので、有効成分を確認しながら、効果の高い商品を選んでいきましょう。

1日の摂取量

青汁の粉末

健康のために青汁を飲む場合、普段の食生活から1日に飲むべき量を考える必要があります。基本的に、青汁には1日に飲む量というのは定められておらず、たくさん飲んだとしても体に悪影響が及ぶ必要はありません。
しかし、いくら健康のためとは言っても必要以上に飲み続けると飽きてしまったり、青汁の購入費用が高くなる場合があります。そこで、普段から積極的に野菜を食べているのなら、1日100mlを目安にして、野菜を食べる機会が少ないのなら1日400mlから500mlを目安に飲むと良いでしょう。
また、あまり青汁が得意ではない場合は、1日に必要な量を小分けにして飲んでも良いですし、蜂蜜や少量の砂糖を加えた方がよいです。さらに、青汁特有の青臭い臭いを克服したいのならレモンやすだちといった柑橘類のしぼり汁を加えると効果的ですが、リンゴやニンジンは青汁に含まれているビタミンを壊してしまうので、なるべく入れないようにしましょう。

おすすめの記事